スポンサーリンク

資産を増やしたくて投資をしようとすると、必ず言われる。

「まずは防衛資金を貯めろ!投資は余剰資金でやれ!」

耳タコってくらい聞きますよね。

今すぐ投資を始めたいのにやる気削がれるなぁ。ゲンナリだよ。

 

でもね、この年になって思うのは、やっぱり貯金は大事だなって。

ひとつは先人のアドバイスの通り、万が一のためのお金『生活防衛資金』で身を守る。

もうひとつは、貯金は投資で成功するためのステップだからです。

【超重要】貯金の習慣化が成功への道

どれくらい貯金したら投資を始めていいの?
具体的にいくらよ?100万円?200万円?

 

私は社会人になってから細々と貯金をしてきました。

新人の頃はそれこそ月に1万円とかなりの少額スタート。

それでも今振り返ってみると、大きな一歩だったんだなぁと感じます。

短期の貯金なら誰でもできる

例えば

  • 30代後半
  • 貯金ゼロ

の人が急に焦って貯金を始めたとします。

 

このままじゃヤバイ。よし、月5万円貯金しよう!

 

外食やお酒を控え、節約して5万円の貯金に成功したとしても、果たして長続きするでしょうか?

三か月くらいならいけるかもしれません。

けれど、貯金とはダイエットと同じようなもので、一気に貯めたらリバウンドして一気に減ります

 

ストレスになるからです。

 

慣れない生活スタイルは長続きしません。

無理をするとそれだけ跳ね返りが強くなります。

結局、リバウンドしてパーっと貯金を使ってしまうのです。

 

一気に貯めようとすると、それだけ失敗のリスクがあることを覚えておいてください。

貯金は金額以上に習慣化することが大切

ポイント
息を吐くように貯金をする。

 

めちゃくちゃ難しいと思いますか?

これ、案外簡単なんですよ。

 

ダイエットと同じようなものとは言いましたけど、貯金の方がダイエットより100倍簡単です。

なぜなら、積立預金を申し込むだけでいいから。

 

努力不要!

 

銀行でペラッと申し込み用紙を提出してきてください。

もしくは、ネットバンキングでポチッってください。

誰でも簡単にできます。

 

貯金の常套手段『先取貯金』です。

 

人間は与えられた範囲で生活する生き物。あればあるだけ使ってしまうけど、なければないでどうにかするものです。

もちろん現実的な金額から始めてくださいね。

 

継続のコツはハードルを低くすること。

無理はダメ、ぜったい!

 

貯金は貯めることも大事ですが、習慣化することも大事なのです。

なぜ習慣化が大事かというと、あなたが投資を見据えているからです。

 

投資の成功者は言います。「決して市場から撤退しないこと」と。

お金を収める」という行為は、貯金も投資も同じです。

 

数字が変動しない貯金で継続できずして、どうして投資で継続できようか。

 

まずは積立貯金で”お金を収めること”に慣れ、習慣化してください。

その経験が投資で生きてきます。

再現性の高い投資方法は長期の積み立てインデックス投資です

大金持ちにはなれないけど、そこそこ資産を増やせる再現性の高い投資方法、それが長期の積み立てインデックス投資です。

 

わかります?

長期に渡って積み立てる

ここよ、ここ。

 

きましてね、やっと貯金で身に付けた「習慣化」というスキルを発揮できますね。

 

なぜ一括投資せずに、長い期間をかけて地味に積み立てるのかというと、今現在の株価が安いのか高いのかわからないからです。

 

一番安い時に買って、一番高い時に売る!これが出来たら億万長者ですよ。

でも誰にもできない。

未来と比べて今現在の株価が安いのか高いのかは誰にもわからないから。

 

じゃあどうすればいいのか?

最適解は、時間を分散して投資すること。

 

100点は取れないけど、時間を分散することによって、65点~70点あたりに均していく。

そうすれば大きく負けることなく、それなりに増えるって寸法です。

 

再現率の高い投資方法ですし、つみたてNISAという優遇制度もありますから検討してみてください。

スポンサーリンク

ワンチャンあり?!貯金ゼロでもいきなり投資していい人

貯金なんてやってられない。今すぐ投資を始めたいんだ。

 

貯金ゼロで投資をするのはオススメしないけど、敢えてチャレンジしてもいいかなって思う人を上げるとすれば20代の若い人ですね。

 

私のように月1万円の貯金をするのではなく、月1万円の投資をする。

20代ならアリかなぁとは思います。

なぜなら、挽回できるからです。

 

例えば22歳で入社してからすぐ投資を始めて8年間やったとしますよね、仮に失敗してもまだ30歳なんですよ。

いくらでも立て直せるじゃないですか。

 

私は33歳で事務職からエンジニアに転職しています。

これ、一体どちらの方がリスクが高いでしょうか。

 

若ければ若いほどやり直す猶予があるのは事実。

だから、20代の若い世代なら、貯金ゼロで投資から始めてもワンチャンありかなーって思います。

おススメしないけどね。

スポンサーリンク

まとめ

コロナショックで資産がマイナスになりました。

それでも慌てることなく淡々と積み立て投資信託を買い続けられたのは、今まで貯めた貯金があったからです。

やっぱり変動が小さい日本円を持っているのは強い味方だと実感しました。

 

そして、毎月使えないお金が一定額あることにも違和感を感じないのは、若いころから積み立て貯金をしてきたからだと思いました。

 

積立貯金の重要性
  • 短期の貯金は意味がない
  • 積立貯金は継続することを習慣化できる
  • 『習慣化』のスキルはインデックス投資で発揮
  • インデックス投資は再現性の高い投資方法

 

投資で小金持ちになるためにも、ぜひ積立貯金から始めてみてください。

「数字+習慣化」があなたの強い味方となるはずです。

 

一緒に老後を乗り切ろう!

スポンサーリンク
おすすめの記事