スポンサーリンク

最近よく聞くNISAってなに?お金が増えるならやってみたいけど。

 

なにやらお得な雰囲気をかもし出してるNISA、やってみたいけどイマイチわからない。

そんな人もいると思います。

 

これからNISAについて解説しますが、本題に入る前にこれだけは伝えたい。

 

リスク(お金が減る可能性)を取らずしてお金が増えることはありません。

 

今以上にお金を増やしたいのであれば、どこかでリスクを取るしかないのです。

そして、許容できるリスクの大きさは人によって違います。

だからこそ投資は自己責任で行うのです。

 

NISAとは、リスクを取ってせっかく増やしたお金にかかる税金を払わなくていい制度です。

それでは本題スタート!

そもそもNISAってなに?

NISAイコール投資のイメージがあるかもしれませんが、NISAとはただの非課税制度です。

株や投資信託など投資の商品ではありません。

え?投資と税金が結びつかないんだけど。
何に税金がかかるの?

 

例えば、20万円で買った株が30万円で売れたら10万円の利益が出ますよね。

その利益額に約20%の税金がかかります。

この場合、利益の10万円に対して20%の税金を納めることになるので、納税額は2万円!

せっかくの利益が8万円に減ってしまいます。

(ToT)ノォォ

 

NISAを使えば、そんな悲しい事態を避けることができます。

税金を払わなくていいってことは、利益が丸々自分のもの?

 

その通り!

利益にかかる税金を払わなくていいのがNISA!

利益はそのまま自分のものになります。

投資を始めるなら使わなきゃ損損!

NISAには種類があるよ

お得な制度だとわかったところで、NISAの種類について説明します。

種類は2つ。

  1. つみたてNISA
  2. 一般NISA

 

つみたてNISAと一般NISAの違いは下表をご覧ください。


(引用元:楽天証券)

 

投資できる上限金額
つみたてNISA:年間上限40万円 x 20年 = 800万円
一般NISA:年間上限120万円 x 5年 = 600万円

NISAの日本語名は「少額投資非課税制度」

これで少額って言うんだから、投資の世界って凄まじいよね。

スポンサーリンク

一般NISAとつみたてNISAはどっちがお得なの?

一般NISAだろうが、つみたてNISAだろうが、結局はただの制度なのでどっちがお得とかはないです。

 

短期集中でガッと利益を出す自信がある人は、一般NISAで!

長い時間をかけてじっくり増やしていきたい人は、つみたてNISAで!

 

自分に合った制度を選びましょう。

 

と言うのは建前で、

私は断然つみたてNISAをおすすめします

なぜなら、私たち素人がパパッと簡単に利益が出せるほど、投資の世界は甘くないからです。

一般NISAは最長で5年。

たった5年しかない。

期間が短いうえに、今まで投資をしてこなかった人がいきなり年間120万円の大金を突っ込めますか?

 

否!

 

資金が少なければ儲けてもたかがしれてるし、時間も味方につけられない。

投資初心者は、じっくり資産を育てるつみたてNISAの方が賢明です。

スポンサーリンク

(知識不要)つみたてNISAでインデックス投資をしよう!

つみたてNISAをすすめる理由は2点。

  1. 素人が短期間に株で儲けるのは無理だから
  2. 時間をかければかけるほど負けない確率が高くなるから

 

素人が短期間に株で儲けるのは無理だから

投資と聞くと、株で大儲けした、あるいは大損したってイメージが強いですよね。

よく耳にする投資の話はハイリスク、ハイリターンの個別株が多い。

例えば、トヨタとか任天堂といった企業の株ね。

 

個別株で利益を出し続けるのはすごく大変

  • 相場を見て
  • 財務諸表、決算書を分析して
  • 売買タイミングを計って

なんてこと、やってられなくないですか?

時間も労力も精神力もめちゃくちゃ使う。

 

それに、資産運用を生業としているプロの人たちと同じ土俵で戦うってことですよ?

もはや罰ゲームよ。

 

おや?

投資のプロがいるなら、投資のプロにお願いすればいいんじゃ・・・


(引用元:投資信託協会

 

そうなんです。

投資信託とは、投資のプロに資産運用を丸投げする楽ちん手法なのです。

しかも手数料が安い!

ちょびっとの手数料で分析から売買までしてくれる。決算書が読めなくたって、全部プロが代わりにやってくれます。

時間をかければかけるほど負けない確率が高くなるから

改めていうほとでもないセリフ『相場は誰にも読めません。

どの株が下がって、どのタイミングで上がるかなんて誰にもわからない。

未来が見える人なんていないのですから。

 

そりゃ一番低い時に買って、一番高い時に売りたいよ。でも、不可能じゃん。

ならば、

勝てる手法ではなく、負けない手法に切り替えましょう

 

相場は読まない!

タイミングを計らない!

ジグザグに動く相場に惑わされず、一定額を毎月買い付けることによって、100点は取れないけれど70~80点を狙う。コレです!

 

この手法は長期間続けなければ意味がありません。

1年や2年積み立てたところで、たいして均されませんからね。

 

例えば、リーマンショックの暴落を見てみましょう。

2007年の後半から2009年にかけてズドンと落ちてます。

(引用元:MONEY VOICE

 

もし運悪く2007年から積立を始めて5年でやめてしまったら・・・

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

では、10年間続けたらどうでしょうか?

株価は右肩上がりに回復しています。

 

もちろんこれは結果論に過ぎません。

〇〇ショックのような暴落が、過去と同じように回復するかなんてわからない。

 

それでも世の中が資本主義である限り、景気は必ず回復すると私は信じてます。

だから、10年、20年という長期間に渡って投資をするのです。

 

投資期間が長ければ長いほど投資のタイミングが分散され、60点で買ったり95点で買ったりしながら65~70点に均していく。そうやって負ける確率を低くするのが積み立てインデックス投資です。

長期積立と考えると、20年間非課税になるつみたてNISAがもってこいだと思いませんか?

NISAのデメリットと注意点

いいことばかりに見えるNISAにもデメリットはあります。

冒頭で説明した通り、NISAとは税金がかからないただの制度ですから、万能ではありません。

NISAのデメリット
  1. 元本割れすることがある
NISAの注意点
  1. NISAはひとり1口座(一般NISA or つみたてNISA)
  2. 口座開設まで時間がかかる

元本割れすることがある

NISAと言えども投資なので、元本割れすることはあります。

〇〇ショックのような暴落時には、買った瞬間マイナスになることもある。

始めて投資する人にとっては、「なにこれ?お金増えないじゃん」と思うかもしれません。

 

でも、忘れないで!

言わばお金製造機を買ったんだよ。

最終的に増えればいいのだから、「将来は増える」と信じた銘柄を買ったのなら目先の値動きなんて小さな出来事です。

NISA口座はひとり1口座

一般NISAとつみたてNISAを同時に使うことはできません。

どちらかひとつです。

ただし、変更はできます。

例えば、2020年に一般NISAで商品を買った場合は、2020年内はつみたてNISAへ変更できませんが、2021年には変更できます。

NISA口座の開設まで時間がかかる

NISAを使って投資をはじめるには、NISA口座を開設する必要があります。

NISA口座開設には、税務署に申し込んで審査に通らなければなりません。

 

と言っても、難しい手続きがあるわけではなく、ネット証券なら画面から申し込みボタンをクリックするだけ。

 

あとは審査が通るのをじっと待ちましょう。

だいたい1週間もあれば開設通知が来ますので、待ってる間なにに投資するか考えるのもいいですね。

 

貯金をしているだけでは資産は増えません。

NISAというお得な非課税制度を生かして、資産を増やそうぜ~。

スポンサーリンク
おすすめの記事