スポンサーリンク

最近、システム開発の現場にも未経験で配属される人が増えてきました。

それだけ未経験からエンジニアになるハードルが低くなってることで、今では珍しくもありません。

 

慢性的な人手不足の中で働いている私たちにとっては喜ばしいことですが、残念なことにIT業界を去っていく人も後を絶ちません。

せっかく携わったシステム開発のさわりの部分だけやってみて、うなだれて去ってく人もいます。

 

面接では

未経験だけどやる気はあります!

と言っていたのに、なぜダメになってしまうのでしょうか。

 

  • 覚えが悪い?
  • 実はやる気なかった?

中にはそういう人もいますが、必ずしもそうとは限りません。

向いてないのにエンジニア職に転職してしまい、味合わなくてもいい無力感や挫折を経験してしまっているのです。



エンジニアに向いていない人の特徴

頭の良し悪しに関係なく、エンジニアに向いていない人は辞めてます。

中にはうなだれて去ってく人もいるので、お給料が良さそうとか、なんかカッコイイとか、イメージだけで決めるのはやめてくださいね。

では、エンジニアに向かない人はどんな特徴があるのか見てみましょう。

パソコンやプログラミングに興味がない人、苦痛な人

実はパソコンとか苦手なんだよね。

 

ウソのようなホントの話。

どうしてこの職業を選んだの?ってくらい、パソコンやプログラミングに興味のない人がいます。

私も不思議でなりません。
人事もよく採用したなって思う(苦笑)

 

  • パソコンが苦手
  • プログラミングは難しくてやりたくない

って人がいるんですよね。

 

ものづくりの喜びを感じられない人にエンジニア業は向いてません。

不具合対応でお客さんに頭下げたり、納期で時間に追われたり、ただでさえ辛いことの方が多いのに、ものづくり自体が嫌いだったら何重苦になっちゃうの?

良いこと一つもない。

 

将来性やイメージだけで決める人

エンジニアならAIに職を奪われることもないだろうし、お給料も良さそう。
手に職をつけとけば将来も安心だ。

 

そういったイメージだけでエンジニア職を選ぶ人がいます。

確かに間接部門に比べたらお給料はいいし、リストラの対象になる確率も低いかも。

 

だけど、「手に職があるから将来も安泰」ってことはありませんよ。

なぜなら、覚えた技術がすぐ古くなるからです。

 

華やかなイメージがあるかもしれませんが、実際の作業は地味ですし、ずっと勉強し続けなければなりません。

イメージだけでエンジニア職を選択すると「思ってたのと違う」となってしまうので要注意です。

 

パソコンは好きだけど、なんとなく選んだ人

パソコンも好きだし、なんとなくエンジニアになってみようかな。

 

惜しい、惜しいよ。
いい線いってる。

けど、もうひと押し!

 

パソコンで何してる?

 

もし、ネットやSNS、youtubeを見ているだけでエンジニアを目指そうとしているなら、時期尚早です。

なぜなら、エンジニアは作る側だからです。

ここがポイント

ネット ⇒ サイトを作る
SNS ⇒ 仕組みを作る
Youtube ⇒ 動画を配信する

 

この違い、わかりますか?

ネットサーフィンして「自分もサイトを起ち上げてみたい」と思えるか。

こういった感情は結構大事です。

とはいえ、興味を持つきっかけはなんでもいいと思うので、まずは何か作ってみてください。

 

勉強しない人・自己投資しない人

仕事なんだから1から10まで会社が教えてよ。

 

気持ちはわからなくもないけど、会社の研修やOJTだけでは足りないんですよね。

会社は成果を出すところ。

言わば本番の試合なわけです。
仲間は助けてくれるけど、走り込みくらいは自分でやらないと。

 

チェック

ものづくりに携わりたくて選んだ職業で、その道の勉強をしないのなら、おそらくやりたいことではないと思います。

 

本も買わない、時間も使わない、ではスキルが身につくはずもありません。

教本の2,000~3,000円ですら自己投資を惜しむのであれば、やりたい職業じゃないのかも。

 

体力がない、健康状態が良好じゃない人

頭を使う仕事ですけど、泥臭いことも多いし長時間労働は免れない。

健康な人でも一日の終わりはどっと疲れが出ます。

 

ですので、体力のない人、健康じゃない人には務まりません。

 

まあどんな仕事にも言えることですけどね。

健康じゃないといい仕事なんてできないよね。

 

まとめ

システムエンジニアは、向き・不向きがものすごく影響する職種のひとつです。

ほんと~にイメージだけで飛び込むのはやめてください。

絶対に後悔しますから。

 

なんていうか、IT業界を去る人のほとんどが傷付いて去っていくんですよ。

それだけ自分に襲いかかる無力感っていうのか、インパクトが大きくて強烈なんですね。

鬱にもなりやすいし。

 

 

極端な話、早々に「自分には向いてない」と踏ん切りついてSE以外に転職できるなら、それでいいんです。

けれど、限界まで頑張る人もいる。中には限界を超えてしまう人も。

現場にいると自分で判断できなくなっちゃうんですよ。

だから、エンジニアになる前に本当に自分がやりたいことか、就きたい職業かよく考えてください。

 

SEに向いてない人の特徴
  1. パソコンやプログラミングに興味のない・苦痛な人
  2. 将来性やイメージだけで選ぶ人
  3. パソコンが好きでなんとなく選んだ人
  4. 勉強しない人・自己投資できない人
  5. 体力がない・健康状態が良好じゃない人

 

「自分はなんて役立たずなんだ」

と、うなだれて去って行く人がいます。

でも違うよ。

あなたは、役立たずなんかじゃないよ。

職種が自分に合わなかっただけ。

 

見誤ると、会社にとっても本人にとっても良いことは何もありません。

「ダメだったら辞めればいいや」って安易に飛び込むのはやめてくださいね。

ゴチャゴチャ言ってきたけど、言いたいことはひとつ。

 

ものづくりを楽しめない人には向いてない!

スポンサーリンク
おすすめの記事